読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弟・・・っ

f:id:Blatt:20130408235031j:plain

 

弟の女子力が高すぎてなんかもうへこむとかいうレベルじゃない

チャットとかで知ってる人は知ってるんだけど、

家は5人兄弟+父母+父の弟子2人で合計9人住んでいます( ´ ▽ ` )ノ

って言っても、弟子さんたちは近くに家を建ててからはそっちから

通ってる感じ!二人ともけっこう悲しい事情が・・・(´;ω;`)

お二人はどちらも22歳の方です(´・ω・`)独しn((殴

ちょっと暗いけど、みんなにこういう人もいるよってことで知ってほしいので

事情を話すね(´・ω・`)(本人たちに了承を得ています)

最初のお弟子さんは弟(Blatt)のバスケのコーチで、結構活躍してた

先輩でした。Blattが部長になってから、ちょくちょく家に来るように

なってて、私も顔見知りな感じだったの。県大会で、優勝したときのうちあげ?

を、家でやったとき、進路みたいな話になって、そのときはじめて

5歳の頃、母親が病死、19の時、父親がそのあとを追うように自分で命を絶。

という悲しい事情を教えてくれました。いつのまにかみんな泣いてた。

大学は中退で、父親の借金返さなきゃいけないらしくて、就職活動してるって

言ったとき、私の父が「うちにくればええ」って言いました。

そん時初めて父親を尊敬しt((殴

もう一人は両親ともに病死してしまい、いくところなくさまよってたのを

お父さんがスカウトしてきたひとです。(略しすぎ)

こんなドラマみたいなことがあるんだなーって思いながら

結構みんな仲良くやってます( ・´ω`・ )

 

はい!暗いのはここまで!ちょっと兄弟を紹介しよう!

結構みんなしらないんだけど、私って双子なんだよー( ´ ▽ ` )ノ

男女の二卵性双生児ですー(´・ω・`)姉だよん

ちなみに、わたしの話によく出てくる弟はこいつじゃないです((

双子の弟は私と同い年(あたりまえ)で、今はお弟子さんたちと大工仕事!

息吹(いぶき)って名前です。名だしOKのやつはもう名前だすわ((

で、私たちの次に産まれたのがBlattくん!

本名 恭弥 くん(笑)知ってる人もいるしまあいいよね

彼はうるう年の二月二十九日生まれという奇跡の男(笑)

でも未熟児うまれだったので二年様子見で

いま高校1年になるのです。ややこしい子ですね。((

ちなみに、Blattとは七歳くらい離れているせいか

私が中学のときちょうど可愛い時期だったので

いまでもなんか萌えが抜けない。息吹もそうらしいです。

小柄で頭良くてバスケができてーでもちょっと病弱で。

鉄棒とパプリカとマット運動が嫌いっていうね

んでもって料理できるわ裁縫できるわ女子力っ・・・

唯一なでたりいじっても怒らないのがいいところ((え

彼のビーフシチューは誰もを魅了するきがする。

上に貼った絵はBlattがとった ずきんアルパカちゃん

私のために二つとったらしいです。なんかすっごいかわいかった。

萌え萌え(*ё_ё*)きゅん・・ってなったわ((

「ねえとおそろいなんだよこれー俺は青 ねえはピンクね!」

ねえちゃんじゃなくねえって呼ぶとか・・しかも色違いとか・・

おっと、下の二人を忘れてた((

なんと下の二人も双子なのですよ(´・ω・`)

こっちは男女一卵性双生児!こちらも女の子が姉

姉⇒りえ 弟⇒優弥

姉は負けん気が強い美女みたいな小柄でかわいい子

くっそ・・勝ち組くっそ・・((

Blattのことは にいにとか恭にい って呼ぶくせに

私や息吹、優弥のことは呼び捨て・・・

ましてや息吹のことはクソ兄貴とか変態兄者とか・・

なにしたんだお前は。(。´・ω・)

優弥のほうは背が高いリア充。顔もけっこう・・良い

くっそ・・勝ち組くっそ・・((

彼女ちゃんが意外とおとなしめの眼鏡ちゃん。

優弥が告白したらしいです。(つ∀`).+°o*。.'青春

最近私より高くなったな・・こいつ

恭弥「俺をこすなよー見下ろすなー(´;ω;`)」

優弥「ちっこくてかわええなー恭弥」

ワシャー(つ・∀・):・’.::・Σ====Σ≡つ)゚Д゚):∵ゴフ

優弥「すいません。もう二度といいません(;ωノ|柱|。。。」

恭弥「どうでもいいけど肩車してみてくんない?届かないんだよね」

弟観察なんかかわいい。肩車はみごとに頭をぶつけてました。

二人の身長合わせたら3メートル軽く越えるだろうに・・

そのあと優弥がくすぐる攻撃にあいました。めでたしめでたし。

ちなみに、息吹が182㎝、私が172㎝、恭弥が164㎝

りえが152㎝、優弥が176、父が188、母が160㎝

なんです。完全に私はお父さんに似てしまったようだ(´;ω;`)

でこぼこ兄弟ですね

りえ「恭にいはちいさいほうがいいとおもうけどなー」

恭弥「えーなんでースラッとした背高い細マッチョに憧れてんのに」

りえ「知らんけど・・なるならもっと体重ふやさな」

恭弥「どうやんの?夜中にポテチとインスタントラーメン食うとか?」

りえ「まあ・・うん。今何キロ?」

恭弥「39㎏」

その場にいた皆「はあっ!!!??」

恭弥「Σ(; ̄□ ̄えっなにみんな急に」

りえ「164㎝のくせに私より体重ないとか・・」

息吹「どうりで軽々お姫様だっことか肩車できるわけだ」

りえ「お前そんなことしてんのか。きもいな」

息吹「りえちゃん!?なんかヤンキーガールフラグ立ってますけど!?」

りえ「まあ、恭弥はかわいいし分からんでもないけど」

恭弥「わかるなよそんなん(´・ω・`)」

母「恭ちゃんは食べても太らないんだもんねえ・・」

しの「結構食べるのにね(。´・ω・)?」

恭弥「そうだよー昨日だって朝クロワッサンと目玉焼き食べてーお昼はカルボナーラ

とコンソメスープだったしー夜はデミグラスハンバーグとスパゲッティだったし」

息吹「なんでお前だけそんなリッチな若奥様みたいな食事してんだよ」

恭弥「自分で作れるやつと作れないやつの差だよ ざまあ」

息吹「俺に作ってくれたりとかは・・」

恭弥「しないっ(つ∀`).+°o*。.'」

息吹「ですよねっ゚.+:。ヾ(*`∀´*)ゞ」

結局なんの解決にもならんまま話がおわった(笑)

そのあと、徹夜してる兄貴の部屋に

ケチャップでがんばれって書かれたふわとろオムライスとザッハトルテ

置かれていたそうです。なんだかんだやさしい恭弥。

息吹「やべえ・・すっげえ泣きそう」

しの「自慢しにわたしの部屋まできたのか・・」

息吹「うらやましいだろうそうだろうやらんぞ」

しの「かえってくれ」

 

書きたいこと全部書いて満足したんで寝ます

いつもなんか長くてごめんね(´;ω;`)

見てくれたかたにはハグしにいきまs((やめれ

ではではーおやすみい+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+゚

夢か・・

f:id:Blatt:20130407161807j:plain

 

昨日・・なんか妙に悲しい夢をみました(´・ω・`)

私は夢の中ではオリトレでした(笑)まあそこは気にせず。

最近シンヒカばっか考えてたらとうとう夢の中でストーリーが・・

とりあえず小説みたいにしてみました(笑)

のっけた絵はのちのちどのシーンか考えてみてね!((殴

そんなんいいよ・・みたいな方は他へジャンプ!!

 

CAST?

サトシ ヒカリ シンジ ユウ(オリ)

ちなみに私はユウくん目線でした。

(ユウくんになりきって話してて全然違和感なかったなあ・・)

では、どぞ↓

 

ここはかつて、人間がポケモンを従えていた世界。

かつて、と言われれば想像はつくかもしれない。

そう。いまはポケモンが人間を従えているのだ。

あるところに一匹のポケモンがいました。

そのポケモンはあるトレーナーと仲良く暮らしていました。

しかし、あるときトレーナーはそのポケモンを捨ててしまいました。

しばらくそのポケモンはずっとトレーナーの帰りを待ち続けました。

結局。トレーナーは帰ってきませんでした。

そのポケモンの悲しみはやがて憎しみへとかわり

いつしか人間全員を憎むようになってしまいました。

ほかにも、捨てられてしまったポケモンは増え続け

やがて、ポケモンの中で、人間への信頼がなくなってしまいました。

いままでポケモンのおかげで暮らしてきた人間は

ポケモンの信頼をえるため、いつしか従える身になってしまったのです。

・・・

サトシ「こんなの絶対におかしいと思う」

ヒカリ「・・・そうよね・・まさか・・ポッチャマまで・・」

シンジ「・・・・」

モンスターボールをもっていたトレーナーは強制的に

寮のような場所に収容されている。

なお。年齢別で性別などは関係ないようだ。

その一室に集まり、トレーナーたちはひそかに話し合っている

ユウ「もう・・信頼は取り戻せないのかな」

サトシ・ヒカリ「絶対そんなことない!!!」

サトシ「今まで通り冒険して・・笑って・・泣いて・・ピカチュウだって・・

みんなだって・・覚えてるはずだ・・・絶対・・」

ヒカリ「そうよ!たとえ今は離れ離れでも!思い出はずっと残ってるはずよ!」

シンジ「どうだかな」

サトシ・ヒカリ「!!」

シンジ「覚えていたとして、なんになる?今の世界は変わったんだ。」

ヒカリ「なんでそんなこというの!?私たちが信じなきゃ!」

シンジ「・・・・」

ヒカリの質問には答えず立ち去ろうとするシンジ

ヒカリ「ちょっと!まだ話はおわってないでしょ!?」

シンジ「お前らだったら・・許されるかもな」

ヒカリ「えっ・・・」

シンジはそう言い残すと自分の部屋に戻って行った。

サトシ・ヒカリ「・・・・・」

その翌日のことだった。

国のど真ん中にまるで受験番号を発表するかのごとく

人々が群がっていた。掲示板にはびっしりと

トレーナーの名前が記されていた

「・・・?おれの名前がある・・」

一人の男性が呟いたかと思うと

その男性はみるみる薄く・・見えなくなっていく

消えているのだ。

「助けてくれ!!助け・・っ」

皆が呆然と立ち尽くしやがて悲鳴へと変わる

見に来ていたサトシとヒカリもわけがわからないままだった。

サトシ「・・俺の名前は・・ないみたいだ」

ヒカリ「私のも・・・・っ!?」

サトシ「どうした!?」

ヒカリ「シンジ・・シンジの名前が・・」

サトシ「!?」

そこにはくっきりと

トバリシティ シンジ と記されている

ヒカリ「嘘・・シンジ・・」

ヒカリは走り出していた

多分彼は部屋にいるだろう

ヒカリ「シンジ!?シンジ!?」

声を上げるも返事はない

ヒカリ「まさか・・もう・・?」

シンジ「なんのようだ」

ヒカリ「シンジ!!!良かった・・ってよくない!」

シンジ「・・・・お前の言いたいことはわかる」

ヒカリ「・・・なによ・・かわいくないっ・・当ててみなさいよ」

シンジ「どうせ、掲示板に名前があるからとりあえず様子を見に来た・・

 そんなところだろ」

ヒカリ「なによーっ!!!人が心配してあげてるの・・に・・・」

シンジ「・・・・フン」

ヒカリ「シンジ・・・かっ・・体が・・」

シンジ「分かっていた。だいぶ前からこんなことになるんじゃないかってな」

ヒカリ「そんな・・ねえ?嘘だよね・・ねえ・・・」

シンジ「・・・嫌な奴が消えるんだ・・こんな時ぐらい・・笑えよ」

ヒカリ「馬鹿なこと・・いわないでよ」

シンジ「強いものを求めて。弱いものを捨てて。そんな奴が強くなんてなれない。

分かっていたんだ。心のどこかでは。」

ヒカリ「・・・・・」

シンジ「結局、一番弱いのは俺自身だったんだ」

シンジの足はもう見えなくなっている

ヒカリ「やだ・・まだ消えないでよ・・言いたいこと・・いっぱいあるんだから」

シンジ「・・・なんだよ」

ヒカリ「私・・・私は・・!」

シンジの体がみるみる消えていく

ヒカリ「シンジのこと・・・」

シンジ「・・・言うな」

ヒカリ「・・・っ!?」

シンジ「なにも・・いわないでくれ」

ヒカリ「・・・」

シンジ「最後くらいは・・・お前の笑顔が見たい」

ヒカリ「嫌・・・いかないでよ」

ヒカリの目には涙があふれている

シンジ「・・・泣くなよ・・馬鹿」

シンジはそっとヒカリの涙をすくう

シンジ「大丈夫・・・だろ?」

ヒカリ「・・・!」

シンジはそう言い残すと見えなくなった

彼なりの笑顔をみせて・・

 

 

 

ここで起きました。くっそ

バッドエンドじゃあないか!!!(´;ω;`)

すっげえ長い夢でしたそして起きたときちょー泣いてた

夢っていいね。頭がどう働いてんのかしらんけど

声優さんがしゃべってるわけでもないのに声がきこえんの((

ちなみに、ユウ君(私)の声は櫻井孝弘さんそっくりでした。

二人っきりの場面とかなんかようわからん。そこにはいないけど

みえるーみたいな。なんか。わからん

世界事情的なのはヒカリんがおしえてくれた(笑)

つーか夢なんだからシンジくんとかさわり放題だったんじゃね

ていうか受験シーズンが頭から離れてないせいで

消える人はりだされるとかwwwwwってなってた

今日一日なんか思い出すたび泣けてきた

そしてなんかいつもならすぐ忘れるのに

ずっと覚えてた・・・・w

とりあえず、ここまで読んだ人神だね!

ありがとう!

シンヒカに幸あれ!!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GIFアニメのサムネだぜ!

f:id:Blatt:20130328233147g:plain

 

リトくんがじたばたしております。

誰でもいいから付き合いたいをトレスしてアレンジしました(笑)

ちゃんと反映されてるかしら・・

うごメモでうごかすのもいいけど

アニメっぽくうごかすのもいいな。うん。( ,,`・ ω´・)

 

リトくんの漫画かいてあげないとね・・

キャラ設定はしてあるのよ(´・ω・`)

はっきり言うと

恥ずかしがりやなお兄ちゃんっこで二重人格、と(笑)

裏は包帯がとれると現れますゆえ

ひょっとしたらお風呂はいつも裏なのかもね。

 

シンヒカ描きたいです。でもあまいの描けないの(´・ω・`)

いっつもシリアスかギャグになっちゃう。なんとかして。

あっでもオリ漫画も描きたいいいい

オリトレが溜まっちゃって・・どうしようこの人たち

ちかいうちに漫画になる((予言

 

合作おくれちゃってごめんなさいいいいい

やっと仕事がひと段落ですぜ

時々部活の顧問いくだけだぜ!わーい!

六時くらいに帰ってきてブログの整理と

合作メモの完成とサムネ描くのに

ずっと部屋に入り浸ってたよ!

 

気が付いたらあらもうこんな時間!

まだおきてるもんね!

そろそろこのへんにしとこう(笑)

 

 

忙しっ

なんでこう受験生は大変かね(。´・ω・)

 

教頭(ハゲ)マジキライやわあ

お前って呼んでくるしコーヒーの買い出し頼んでくるし

頼むっていっても

「ちょっとコーヒー買って来い」ですよ。

なんだかんだ結構親任のわたしですので

文句は言えないのだが。

教える立場の人なのに馬鹿にしてるとおもう。

校長以外と年上以外には全員にお前呼びして

みんなから嫌われてるし。(-ω-

愚痴ってる私も私だが

今年でやっと離任なのでいいのだ((何が

 

卒業式で第二ボタンあげるとか

なんやら青春真っ盛りの皆さんですが

受験忘れて第二ボタンをあげてしまう子多いです。

第二ボタンのない制服で面接何てとんでもないですよ((汗

「えっ・・///いや・・うん・・いいよ//」

「ホント!?ありがとう!//」

みたいな会話にひそかに萌えてた つかのま

受験二日前ぐらいに学校に電話があって

「先生どうしよう・・ボタンの替えない・・

第二ボタンあげちゃった・・」

「えっ・・・受験あるのに・・?」

「うん・・・どうしよう・・(泣」

みたいなことになりました。

結局専門店に直接行ってもらいました。

 

これから受験ある人はきをつけよう!

ちなみにBlattくんはめちゃくちゃ言い寄られていたけれども

すべて断っていました。なんかしらないけど

「爆発しろ」って思いましたまる

なかには男の子も言い寄っていたような・・

きのせいきのせい!(汗

自分の弟ながらイケメンだと思う。

いつかぜったいアニメコスさせてやる。

 

うごメモやめちゃうの!?的な疑問があるようですが

やめねえぜ!!!!!

うん。

ただ単に絡み少なくなっちゃうね!ってこと!

はてなさんがもう発表しちゃったし

私も反対派ですが

はてな自体がなくなるよりはましかとおもってます。

春休みと聞くと暇そうに聞こえますが

今が一番忙しいです。

時々顔をだしているとおもうよ!

 

アキネイター先生やばい

http://jp.akinator.com/

URLのっけときます↑

アキネイターっていうゲーム?なんだけど

すごいね(笑)うん(笑)

考えてるキャラクターを

質問だけでわりだすのですよwちなみに↓

 

f:id:Blatt:20130312231628j:plain

ポケモン シンジくん一発目 当てられたわあ( ´,_ゝ`)

えっ・・ちょっ・・・質問がもう・・

ポケモンにでてくる?って質問されたし(笑)

兄弟がいる?お兄さんがいる?主人公と同い年?

追い込まれ方半端ないわ(´・ω・`)

ポケモンはほとんど全滅だわ。(あてられる)

NARUTOもほとんどだめだった。

みんなもためしてみよう!(笑)

・・もう寝るわw

できたあああああっ!

女らしくない私と男らしくない君

PV完成しましたよ!奥さん((誰

もう!疲れたんだから! って・・・

なんですか この閲覧数は。

なんですか この星の数は。

嬉しいです すっごい 嬉しいですけど

よくわかんない 恐怖感が・・

 

PCでみるかた音量注意!ゼッタイ!

小さくしてから聞いてね!!

 

マコトちゃんとユウ君のストーリーは

ちかいうちに始めようかな、と思います。

では!

 

女らしくない私と男らしくない君

f:id:Blatt:20130211202052j:plain

オリトレのマコトちゃん(左)とユウくん(右)です☆

PV作り中です(´・ω・`)結構うごうごしてる。

すごい動くPVめざしてます。'`ィ(´∀`∩

 

PVのお題は

「女らしくない私と男らしくない君」なのですだよ。

幼馴染の二人は 長い間会ってなかった設定です。

曲は「友情ぽっぷ」です(´・ω・`)

たぶん 知らないと思う。うん。

太鼓の達人ナムコMUSIC)オリジナルなのよ。

昔っからこの曲大好きで!!うん!!

ネタバレするけど

「言いたいこと言わない君と

分かって無視をした 僕とに

どっちが悪いかなんて そこには ないよ」

っていう とこが 好き(笑)

 

うん( ・´ω`・ )

 

ブログ再開したついでに移行。

みんな、、あけおめ((殴

。。。ことよろっ(´・ω・`)

 

ペンタブ久々使ったわあ・・

30分でこんだけ描けるもんだなあ

 

マコトちゃんはユウくんのこと好きです。'`ィ(´∀`∩

ユウくん鈍感ちゃんなので おもしろくなりそうです(笑)

 

では、今後ともよろしくです☆